トップ

もちろん安全第一、そして可能性も

子供の頃、両親に空港に連れて行ってもらい初めて大きな飛行機を目の当たりにした時は、そのあまりに大きな機体とジェットエンジンの爆音に目をパチクリさせてビックリしました! あんな大きな飛行機が空を飛ぶんだ!! 強烈な疑問が頭の中をグルグルと巡りましたが、滑走路をグングン速度を上げながら離陸滑走し、そしてフワァと大空へ飛び立つ飛行機を見た時は「なんて凄いんだ!」「僕も大人になったらパイロットになって大空...

エコとエゴ

30歳からの体力衰えの防止の為、ランニング等を始めたが、膝等が痛くなったりするのでマウンテンバイクを購入した、有酸素運動になり、膝も痛くならず、風を切る感触が心地よくだんだん深みに入りだした、体力衰え防止の為始めたはずが、興味はだんだん競技の方へ行ってしまった、初めて2年目よりレースに出始め最初は順位も中盤だったが、3年目より上位5位にコンスタントに入れるようになり、バイクも最新機種に新調、コンポ...

新興国の車産業について

子供の頃、スーパーカーブームに影響され車が好きになりました。一昨年、中古ですが初めて輸入車を購入し使用しています。国産車には無い魅力が沢山あり、燃費が少々悪くても、部品代が高くても何とか維持しています。車に対しては、ある程度の知識はありましたがそれでも何度かトラブルになりました。やはり国産車と同じ感覚では乗れません。特に、樹脂部品の作り方が下手だと感じます。この辺りの事を理解し、大きな心で車と付き...

鉄道輸送の今後

40年ほど前、寝台列車で旅をした。当時小学生だった私は、夜汽車での旅行が初めてだったので、非常に興奮したことを覚えている。消灯時間になって、ベットについたが、レールの継ぎ目の音、通り過ぎる警報器の音が、今でも懐かしい思い出として、耳に残っている。あの頃の思い出を思い出そうにも、現在寝台列車は次々と廃止され、とても寂しい思いがする。しかし、いつかなつかしい寝台列車で、気ままな旅をするのが、私の夢であ...

クルマが向かって行く方向とは

私が学生のころ、車を運転することは好きだったが、モータースポーツのことなんて全然分からなかった。そのとき、欲しいと思った車のCMで見たアイルトンセナがF1ドライバーであることを知り、軽い気持ちでF1のテレビを見始めた。すると、セナの走りに興奮を覚え、F1にはまった記憶がある。おそらくどの業界でもそうだとは思うが、人を惹きつける存在があると盛り上がるんだろうなと思った。実際、セナが事故で亡くなったと...

クラウドとHTML5へ

数名で協力しながらWeb制作をおこなっていた事がある。全体のコンセプトやデザインを提示するのが得意な者、個々の画像素材を作るのが得意な者、文章を組み立ててたり、校閲するのが得意な者、プログラミングやスクリプトが得意な者がいて、それぞれ得意分野で能力を出し合って、分業と協業がうまくかみ合って、良いものができた。クラウドとHTML5が主流になってきていて、以前ならPCにアプリケーションソフトをインスト...

モノを大切に

最初にPCを購入したのが20年前。当時、PC-9801 モニターと本体で40万もしました。外付けハードディスクは100メガで10万くらいした記憶が。一括で変える訳なく、3年ローンぐらいで購入。いまや、数万円。苦労して買ったかいがあって、使いこなすために一生懸命勉強しました。パソコンの進化に遅れる事なく自分のスキルも向上させる事ができた。苦労して手に入れないと駄目ですね。スマホの出現でパソコンの価値...

用意になったデザイン

会社の同僚を通して、デザインを行うことが素人でもパソコンで簡単にできることを知った。その同僚はイベントのポスターデザイン等を趣味の範囲内で行っており、デザインを通して自分の感性を磨いている。私も及ばないながらもその方面に興味が出て、自分でデザインができるよう勉強を始めた。しばらく先にある友人の結婚式や私の結婚式がそのお披露目の場となるので、これから楽しみである。10年ほど前までは、デザインというと...

簡単プログラミング

忙しい時期で睡眠もそんなに取れないときは夢のなかでデバッグしてる。その夢のとおりデバッグすると本当にプログラムが修正できたりする。その時は自信がもてたりするけど、結局は記憶している場所が少なかったりするのでそういう場面にはなかなか巡り合わないし、巡りあいたくもない。できるだけ仕事場だけで作業したいもんである。最近では簡素なプログラミングやそんなに頭を使わない初心者でもできるプログラミングが流行って...

マーク・ザッカーバーグ について

小学生のころ外国に住んでいた。帰国してからしばらく手紙のやり取りなどもあったのだが、いつの間にか途切れてしまっていた。それから四半世紀ぶりの今年、そのころの友人からfacebookで申し込みがあった。ITとSNSのすごさというものをあらためて実感することになった。facebookの創業者のマーク・ザッカーバーグは若くして世界中をつなげる仕組みを作って、多くのユーザーを短い期間の間に獲得することがで...